【男性を攻めたい方必見!】女性向け攻め技ワークショップ見学レポート◎【前立腺・フェザータッチ・手コキ偏】

目次

しほ先生の攻め技ワークショップ開催!

風俗講師としてご活躍をされている”しほ先生”主催の【女性向け攻め技ワークショップ】

ドキドキする雰囲気の作り方を知りたい、男性の前立腺開発をしたい、男性を手技で気持ちよくさせてみたい…そんな全ての女性が抱える悩み(?)の痒いところに手が届く、一般女性向けのワークショップが開かれました。

当店のご予約フォームにも【男性責め練習】なんて項目もありまして、女性が積極的に男性を攻める優位になるような性を楽しむコンセプトと相まって今回当店の燈くんがモデルとして参加させていただくことになりました!

オーナーも見学にてこっそり参加させて頂きましたので会の模様をレポートさせて頂きます!

気負わない和やかな会

ワークショップなので”講習”という硬い感じではなく自由にフランクに、楽しく学んでいける会になれば嬉しいです。

そんなしほ先生の言葉から始まったワークショップ。
数名の女性が受講してくださり、少人数制もあってほのぼのとしたスタートでした。

参加者の皆様のワークショップ参加の想いや意気込みを聞いていくと…

・腐女子だからアナルに夢がある…!
(その気持ちわかりますー!)

・元から男性を攻めるのが好きで、スキルアップをしたいなーと思っていたところにワークショップのお知らせが流れてきた
(Twitterを見てくださってありがとうございます!)

・緊張してます…がんばります…!
(緊張しますよね…わかります…見てるだけでも緊張しますから…)

というようなイメージで、初心者様から中級者様がご参加いただいた様子。

第一回ということもありドキドキの会でしたが、勇気を持ってご参加くださった皆様の熱い想いが伝わってきました。

まずはフェザータッチから

フェザータッチにも様々な種類やアプローチがあり、何も知らない状態でやってみると気持ちいいよりくすぐったいが勝ってしまいそうな以外と奥が深い技術。

・触れる時の体重の掛け方
・パウダーを使ったフェザータッチの極意
・アナルと蟻の門渡りのアレコレ♡
・指の動かし方伝授!
・(番外編)乳首攻めのバリエーション

などなど、触れる時の大前提的なお話からより気持ちよく興奮が高まる触り方まで惜しみなく伝授!

フェザータッチ1つとっても動かし方や指の運び、アナルへのアプローチ、意外に難しい言葉攻めのコツなど学んでみないとわからないアレコレを知ることができて目から鱗でした。

乳首攻めバリエーションはまさかの足!?
モデルの燈くんも衝撃の技が繰り出されました…
非常にすごかったです(語彙力0)

みんな大好き前立腺

フェザータッチの次はみんな大好き前立腺!
前立腺で感じさせてみたい…ロマンですよね…でも実際指入れしてみるとどこが正解なの?相手の反応はどうなの?などゴールがわからないと不安ですよね。

・前立腺攻めの際に必要な用意
・やりやすい角度や向きや意外と難しい力加減
・お尻の穴初体験への男子への攻め方
・前立腺の位置

初めてのお尻の穴攻めでも安心の事前準備からの丁寧な説明からスタート!
用意する道具の大切さや力加減の話を実際に燈くんのお尻に指を入れながら説明。

皆様が代わる代わる指を入れて前立腺を確かめるたびに

おしっこが出ちゃいそうな感覚です…///

と燈くんが悶えているのをみて、女性の膣の中と感覚が似てるんだなぁ(個人的見解)ととても勉強になりました。

おしっこ我慢の先に前立腺イキが待っているらしいので皆様もぜひお試しください。

最後はやっぱり手コキ!

AVなどではシュシュシュ!と高速で動かしているイメージが先行しますが、手コキはスピードや力加減、気持ち良いポイントなど様々。

今回はフェザーや前立腺がメインの講習でしたので手コキは駆け足で…という感じだったのですが、それはそれは勉強になる内容でした。

(ぜひ受講してその目で確かめてみましょう!)

さいごに

MKKEは女性が攻める楽しさを感じること、性の場で積極的に攻めることが最初の選択肢の一つになるような世界を目指して活動を行っています。

でも最初はどうして良いかわからない。
参考になる資料がない…
一体どうすれば良いのー!

そんなお悩みを解決してくれるようなワークショップへ、微力ながらお力になれたこと、とても嬉しく思います。

この記事を読んでみてワークショップに興味を持ってくださった皆様、ぜひしほ先生のツイートを要チェックです◎
素敵な女性攻めライフを過ごしましょう。

(燈くんの身体はムダ毛などが限りなく除去されており美ボディ絶賛でございました。ぜひご堪能くださいませ(?))

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次